大会レポ◇PlyZ&PULLER in 山中湖woof

11月1日(日)山中湖ドッグリゾートwoofにて、『DiscDog』『DOG PULLER』のコラボ大会が開催されました。

PlyZの各クラス競技に加え、日本に上陸した新しいドッグスポーツ『DOG PULLER』が初開催された一日でした。

さてさて、どんな一日だったのか。
ご参加いただいた方も、会場に行きそびれてしまった方も、一緒に振り返ってみましょう!

 

PlyZの大会では[スローイング・セミナー]と[ワンコとの個別セミナー]が毎回開かれていますが、この日はコラボならではの掛け合わせで、


PULLER(プラ−)を使ったレトリーブ練習から、ディスクドッグにどう繋げいけるかの解説が、PlyZインストラクターの森稔之さんからありました。

内容をちょっとだけ紹介すると――
ディスクでもプラ−でも、受け取るときに流れを止めないことが大事。
(森さんは受け取って、後ろに引きながら、股の間を通していました)
文字通り受け止めてしまうと、ワンコの身体にショックを与えるし、口の中のディスクを離さなくなる原因にも繋がるそうです。





PULLERのスタッフさんからは、『DOG PULLER』(プラ−を使ったレトリーブ競技の名称)のルールについてや、プラ−を投げるコツなど、いろいろな解説がありました。


楽しむためには遊び方を知らなきゃ!
というわけで、真剣に聞いて吸収していくプレイヤーたちの姿です




あちこちでプラ−を試す姿や、



新しいおもちゃを手にして、いつもと違った盛り上がりを見せる会場

 

コラボ企画の特徴として今回のレトリーブクラスは、第2Rにプラ−を使って競技するというルールでした。1Rと2Rのおもちゃが違っても大体のワンコは問題ないようでしたが、プラーに慣れていない人は投げるのに苦戦!プラ−を上手に転がすのは結構難しいんですね。
その後のDOG PULLERにも出場したチームは、ここで得た経験が役に立ったのではないかな〜



レトリーブクラス1Rは自由なおもちゃで
もちろんディスクもOK



レトリーブクラス2Rはプラー限定でした


DOG PULLERはPlyZの各クラス1R2Rが終わったあとに行われました。
「さあ、今ここで、初代日本チャンピオンが決定します!」
ってそう言われると、それまでPlyZで汗をかいていたチームも、頭を切り換えてPULLERモードに突入!
ウクライナ生まれの競技が日本に上陸して初めての大会ですから、DOG PULLERに目がけて会場に来たチームも、PlyZとのコラボなので軽い気持ちでエントリーしたチームも、参加者はみんな初出場。
「こんな感じでやればポイントが取れるんじゃないかなぁ」
と、イメージしてみたはず。
しか〜し、参加された皆さんの言葉を聞いていると、コート上でプレーして初めて気付いたことがいっぱいあったそうです。

《DOG PULLERのルールを簡単に説明すると、まず人とワンコがコートの真ん中に立ち、10メートル先にプラ−を投げて、ワンコにレトリーブさせる。次は逆方向に投げる。それを1分半行う》というものです。詳しいルールや、初代チャンピオンがどのチームに決定したかはPULLERのホームページで確認してくださいね。(近日中に掲載されると思います)

こちらはDOG PULLER入賞者とPULLERスタッフの方々です
 

□DOG PULLERの競技風景□






ここで(たかし)が気づいたコツをこっそり教えちゃいます。

  1. プラ−を2つ持ってコートに入るので、ワンコには投げる方のプラ−に集中してもらう。


  2. 10メートルラインの手前でワンコが追いついてしまわないように、投げる力の調整が大事です。


  3. 交互に投げる方向を変えるので、一方向に投げると思い込んでいるワンコは戸惑います。



ちょっと練習するだけでもだいぶ慣れると思うので、二代目チャンピオンを狙ってみるのはいかが?
競技人口が増えるだけ難しくなるので、今がチャンス!



ではここでPlyZ各クラスの写真をどうぞ。
ほんの一部しか載せられないのが残念!! 












DOG PULLERの後はPlyZ決勝ラウンドが行われました。
オープンクラスでは小向智宏さんとSOLのチームがダントツで優勝でした。
優勝が確定していたので、最後は10ポイントエリアに投げ込んで、会場を沸かせてくれました。場外ホームランも出て、大盛り上がり、特別賞のホームラン軒GET!

こちらはSOLちゃん


レディースクラスでは服部香織さんとしゅるりのペアが1位、じゅびろうとのペアで2位に輝きました。



詳しい大会結果はPlyZのホームページで確認してくださいね。

DOG PULLERの競技人口も増えてきそうですが、PlyZの参加者も段々と増えてきています。特にノービスクラス、レトリーブクラスが増えているので、上手くなってきたチームは上のクラスにのぼっていくと思います。
ここ3大会の傾向では、オープン、レディースでダントツで優勝するチームが出ています。別の見方をすれば、2位3位になるチャンスはかなりあります!!
一度勝ち方を知ったらプレーが変わってきますから、ノービスで手応えを得たチームはオープン、レディースに挑戦してみるのもいいかもしれませんね。

 

特別賞GETのチームはこちらです


お名前(授賞理由)賞品

左上:牲川 和也&サーシャ(がんばる姿に)モルトフェリーチェ『ドッグデオドラント』
右上:杉山 哲也&アリス(お父さんと楽しいおいかけっこ)プラ−
左下:野村 友枝&Ala(Alaの俊足に)ライカ
真ん中下:小向 智宏&SOL(ダントツ優勝と場外ホームラン)ホームラン軒
右下:江本 幸歩&若葉(奈良からお越しいただきました)温泉『湯〜福』

[敬称略]


今回はコラボ大会ということで、新鮮な盛り上がりを見せた大会になりました。
ときどきこういう企画があってもいいかもしれませんね!


皆様、一日楽しんでいただけたでしょうか。山中湖は空気がツ〜ンと冷たかったのですね。風邪が流行る季節ですから、あったかくして過ごしてください(^ー゚)ノ
富士山バックの記念写真です。


山中湖ドッグリゾートwoofは施設が充実していて、とてもいい景色。紅葉と富士山が最高でした。



MCで会場を盛り上げてくれたPULLERのイケメンお兄さんたちもお疲れさまでした。


PlyZ入賞、DOG PULLER入賞の方々、おめでとうございました。
特別賞、ジャンケン大会賞品GETの方々もおめでとうございました。
PULLERのスタッフさんたちには大変お世話になりました。
これからドッグスポーツをどんどん盛り上げていければと思います。
楽しい大会を目指してがんばっていきましょう!


次回のPlyZは11月15日(日)足柄ドッグランCOCOです。
詳しくはホームページでご確認ください。

エントリーをお待ちしています(^ー゚)ノ
 
(たかし)



calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< March 2019 >>

selected entries

categories

archives

recommend

recommend

recommend

recommend

links

profile

書いた記事数:157 最後に更新した日:2019/03/14

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM